スキンケア商品の基本的な使い方




きちんとした使い方をしない限り、いいスキンケア用品でも期待した効果は発揮できません。洗顔用のスキンケア商品は、スキンケアの大もとともいえるものです。毛穴に皮脂汚れが目詰まりしたままスキンケアをしていても、肌トラブルを改善することは難しいものでしょう。脂栓がつまったままの毛穴は、にきびなど肌トラブルのもとになります。顔を洗う時は、肌と相性のいい洗顔剤を使って、毛穴汚れまで除去することです。スキンケア商品の中でほとんどの人が使うのが基礎化粧品ですが、使う順番を間違えると肌の調子がかえって悪くなることがあります。みずみずしい肌であり続けるには、まず水分を付与し、次に水分が出て行かないように手入れをします。肌が荒れる原因の一つに、皮膚の水分を失って皮脂が減少すると、皮膚が刺激に対して弱くなることがあります。お肌に最初つけるべきものは、水分量が多めにつくられているローションということです。ローションをつけながら様子を見て、それから化粧水、美容液という順につけていきます。最初に、化粧水やローションで、肌にたっぷりと水分を補給します。徐々に油分の多いスキンケア化粧品に切り替えていくことで、肌に入った水分が、外に逃げていきづらくなります。ただ、スキンケア商品によっても順番は違う事もあるので、きちんと確認して正しい順番で使って美肌を手に入れましょう。