身近な人に、キャッシングを利用しているという事実を隠して置けるかは、初心者がまず気になることの一つです。
場合によっては、キャッシングをしている事実を秘密にする必要はないでしょうが、気付かれたくないと思っている人も少なくありません。
初心者のうちは、秘密が守られるかどうか気になるところですが、大抵はキャッシングをしていることは内緒にしておけます。
ネットキャッシングが広まっていることもあり、自分の部屋にいながらにして、初心者であってもキャッシングが利用できます。
金融会社との連絡も、電話や封書ではなくメールを使うようになったため、人に知られず手続きもしやすくなってきています。
審査では在籍確認をする必要があるため、住所や勤務先が確認されることになりますが、金融会社は個人名で電話をかけてくるので、気づかれにくいようです。
キャッシング会社によっては、電話での在籍確認をしていないところもあります。
キャッシング会社か在籍確認をしなければ、身近な人に金融会社のことが漏れることはなくなりますので、安心して使えます。
会社の名前が書かれた源泉徴収票を、在籍確認がわりに使っているところもあります。
現在、存在している会社の名前が書かれた源泉徴収票を提出する必要があります。
自分のメールを他人に読まれたり、ブラウザのアクセス履歴が原因で、家族や会社の人に知られる可能性はあります。
パソコンからの情報漏洩は、キャッシングの初心者かどうかには関わりなく、普段からパソコンの管理をしっかり行っておくことが大事になります。